カテゴリー
未分類

ヘンプオイルとCBDオイルの違いって?それぞれの効果についても解説

 


「大麻」というと違法薬物の印象が強いですが、大麻の成分に目を向けると違法ではなく合法部分もあります。尚且つ、
健康や美容効果を期待されているものが「ヘンプオイル」と「CBDオイル」です。

 

この2つのオイルは、美肌などのスキンケアとしての効果以外にも、脳の活性化や血液をさらさらにする効果など健康面でもいい働きが得られ、さらにリラックス効果もあると考えられています。では、このヘンプオイルとCBDオイルはなぜ合法であり、ここまで注目されているのでしょうか。

 

この記事では、2つのオイルの違いやそれぞれの効果を詳しく紹介しているのでぜひ最後までお読みください。

ヘンプオイルとCBDオイルは全く別物

ヘンプオイルとCBDオイルは全く別物

 まず、ヘンプオイルとCBDオイルについて説明していきます。ヘンプオイルは、麻の種子から抽出される植物性オイルのことで、オリーブの実から抽出されるオリーブオイルと似たオイルです。

 

抗菌作用のあるヘンプオイルは、シャンプーや石鹸などのボディーケア製品にも含まれており、塗料や潤滑油などの工業製品に幅広く使われています。中国などでは、必須脂肪酸が多く含まれていることに注目が集まり、スーパーフードとして認識されている栄養食品です。

 

CBDオイルは大麻、ヘンプからCBD(カンナビジオール)という成分を抽出し、ココナッツ油やオリーブ油などで希釈した製品です。CBDを摂取することで、ストレスの緩和やリラックス効果、睡眠改善など心身の回復やリフレッシュに効果があると言われています。

 

ヘンプオイルとCBDオイルは違法ではない

ヘンプオイルとCBDオイルは違法ではない

日本では「大麻」と聞くだけで違法性を疑われますが、中には合法の部分もあることをご存知でしょうか。

多幸感を覚える作用があるテトラヒドラカンナビオール(THC)を含む花穂及び葉を原料としたものは違法です。

 

しかし、茎と種子が抽出されたものは合法であり、さらに大麻の成分には健康に良いものであったり美肌などの効果が高い成分が含まれています。

 

その注目されている成分を使用し製造されたのが、ヘンプオイルとCBDオイルです。

ヘンプオイルとCBDオイルの成分を比較

ヘンプオイルとCBDオイルには含まれている成分が違いますので、比較をして見ていきましょう。

 

  • ヘンプオイルの主成分は必須脂肪酸
  • CBDオイルの主成分はカンナビジオール

 

では、早速2つのオイルの違いを紹介します。

 

ヘンプオイルの主成分は必須脂肪酸

ヘンプオイルは、ヘンプ種子から抽出されるオイルであり、ヒトの体内では合成できない必須脂肪酸と言われる、オメガ3やオメガ6が含まれています。

 

また、脳の活性化や血圧・コレステロール値を下げたり血液をサラサラにする効果があるビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・a-リノレン酸などスーパーフードにふさわしい栄養素を含んでいます。

 

CBDオイルの主成分はカンナビジオール

ヘンプオイルとCBDオイルの成分を比較

CBDオイルの主成分になっているカンナビジオールは、向精神作用がなく、医療用として利用されている産業用大麻の成分です。強力な抗酸化作用があり、てんかんや癌(がん)、慢性の痛み、不眠症などへの効果があり、日本でも利用する人は徐々に増えてきています。

 

日本の大麻取締法は、違法になる対象として「麻の茎および種子それら由来の製品は除外される」とされており、CBDオイルの成分は違法ではありません。ですが、流通している製品は海外製の物が多いため、購入前に成分や使用方法をしっかり確認する必要があります。

ヘンプオイルとCBDオイルの効果を比較

ヘンプオイルとCBDオイルは成分が違い、使用方法によっても得られる効果が明確に違います。では、どのような効果の違いがあるのでしょうか。

 

  • ヘンプオイルはスキンケア効果がある?
  • CBDオイルはリラックス効果が得られる?

 

 

ヘンプオイルはスキンケア効果がある?

まず、ヘンプオイルにはオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が含まれており、肌の保湿剤として効果があります。特に、乾燥は肌の大敵ですから保湿クリームを使う要領で、ヘンプオイルを肌に直接塗ってスキンケアをしましょう。美肌のために保湿することは必要不可欠で、ヘンプオイルの持っている効果はスキンケアとして抜群です。

 

また、豊富に含まれるミネラルやビタミンA、ビタミンEは、抗酸化作用もあり細胞の損傷を遅らせたり、シミを予防したりすると言われています。

 

CBDオイルはリラックス効果が得られる?

ヘンプオイルとCBDオイルの効果を比較

CBDオイルは、炎症や痛み、不眠症の緩和作用が期待されていて、数多くの医学的研究が行われています。CBDを摂取すると、ストレスの緩和やリラックス効果が得られると考えられています。

 

もちろん、CBDオイルにもスキンケア効果として高いビタミンAやビタミンE、ミネラルなども含まれており、美容と健康の両方に効果がありますのでご安心ください。

ヘンプオイルとCBDオイルの使い方を比較

ヘンプオイルとCBDオイルの2つの成分と効果をご理解いただいたところで、次は2つのオイルの使い方を見ていきましょう。

 

  • ヘンプオイルは飲食用や塗布用がある
  •  CBDオイルには吸引タイプもある

 

ヘンプオイルは飲食用や塗布用がある

ヘンプオイルの使い方で一番簡単なのは、舌の上に数滴垂らし口の中に含んで飲み込む方法です。または、ドリンクに一緒に入れて飲んだり、オリーブオイルなどと同様に食べ物にかける方法もあります。

 

さらに、美容オイルとして肌に塗ったり、シャンプーとして髪を洗ったりすることもできます。ただし、注意点としてヘンプオイルを加熱すると酸化してしまい効果が失われるので、煮たり焼いたりする料理の使用には注意してください。

 

CBDオイルには吸引タイプもある

ヘンプオイルとCBDオイルの使い方を比較

CBDオイルも基本的にはヘンプオイルの使い方と同様で、加熱せずに直接食べ物や飲み物に加えて使用するのが主流です。その他に、CBD成分を吸引して摂取する方法があります。

 

しかし、吸引するにはCBDオイルではなく、CBDリキッドという成分を凝縮した液状のものと、ヴェポライザーという専用の器具が必要です。こちらは、タバコを吸うのと同じようにCBD成分を吸引してリラックス効果を得ることができます。

ヘンプオイルとCBDオイルの製法を比較

ヘンプオイルとCBDオイルの具体的な使い方を理解したところで、次は2つのオイルの製法を比較していきましょう。

 

  • ヘンプオイルとは麻の種子からとれる油脂のこと
  •  CBDオイルとは大麻からCBD(カンナビジオール)を抽出したもの

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

ヘンプオイルとは麻の種子からとれる油脂のこと

ヘンプオイルは、麻の種子を圧縮して抽出した油脂のことで、その製造方法はコールドプレス製法で作られます。コールドプレス製法とは、低速で刃が回転するスロージューサーを使用して、低温で圧搾する製法です。

 

従来の高速回転式や遠心分離式だと摩擦熱が発生してしまうことから、前述したように熱によって酸化してしまい、せっかくの栄養素が失われてしまいます。

 

CBDオイルとは大麻からCBD(カンナビジオール)を抽出したもの

ヘンプオイルとCBDオイルの製法を比較

CBDオイルとは大麻からCBD(カンナビジオール)を抽出したものです製法は様々ですが、代表的なものは「フルスペクタル製法」です。フルスペクタル製法は、60種類以上の大麻成分からCBDをメインに抽出します。

 

そこにMCTオイル(中鎖脂肪酸油)やオリーブ油、ヘンプオイルと香辛料を混ぜて作られます。


まとめ:ヘンプオイルとCBDオイルは別物なので、違いをきちんと把握しよう

まとめ:ヘンプオイルとCBDオイルは別物なので、違いをきちんと把握しよう

ヘンプオイルとCBDオイルは、2つとも麻を原料にしていますので、同じような商品と勘違いされることがあります。しかし、今回の記事で2つのオイルがまったく別のものであることが理解できたでしょう。

 

この2つのオイルを有効的に使用していくには、リラックスや美容などの特徴をしっかり把握することが大切です。その上で、ご自身の目的に合ったものを選び、身体の調子をしっかり観察しましょう。

 

また、流通しているCBDオイルやヘンプオイルは海外製の物が多いため、購入時には成分や使用方法をしっかり確認しましょう。

 

※当メディアで大麻関連の情報を発信しておりますが、大麻の所持・使用を推奨するものではありません。日本では大麻の所持や栽培は法律により固く禁じられています。絶対に大麻を使用しないでください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です