カテゴリー
未分類

大麻を生で食べることで得られる効果とは?違法性や副作用も解説

大麻とは日本では法律で規制されている麻薬の原料となる植物のことです。大麻は「ハイ」になるためだけではなく、様々な用途で海外では取り入れられています。

「大麻はいったいどのような方法で摂取されているの」「大麻を食べるとどのような効果があるの」などと疑問に思う方も多いはず。

本記事では、大麻を体に摂取するメリットや方法について解説していきます。この記事を最後まで読むことで、「大麻を食べるのにどのような利点があるのか」を理解することができるでしょう。摂取方法のメリットや注意点まで説明しているので、ぜひ最後までお読みください。

そもそも大麻とは?

大麻とは古くから栽培されてきた植物資源のことを指し、別名で「マリファナ」とも呼ばれています。大麻草からさまざまな製品に加工され、医薬品をはじめとして多岐にわたる目的で使用されてきました。

大麻は医療的に優れている成分が含まれており、抗がんやうつ防止などの効果があると言われています。海外では市場規模が下記㋒題しており、大麻が1つの産業として確立し始めてきているのが現状です。

しかし、日本では大麻取締法によって規制されているため、日本では無許可で栽培したり保持したりすることは禁止されているので注意しましょう。

大麻を生で食べても「ハイ」にはならない

大麻草を収穫してそのまま生で食べたとしたら私たちは興奮状態になるのでしょうか。答えは「NO」で、生の大麻を食べても「ハイ」にはなりません。
乾燥大麻を吸うことで「ハイ」になると言われていますが、「ハイ」になるのは「THC」と呼ばれる精神活性化合物が含まれているためです。しかし、生の大麻草には「THC」が含まれていないので「ハイ」にはならないのです。

生の大麻には「THCA」と言われる健康成分が含まれており、熱することで「THC」に変換されます。つまり、大麻は吸引する際に加熱して蒸発させることによって「ハイ」な状態になるため、生の大麻を食べても「ハイ」にはならないのです。

大麻を生で食べることで得られる効果

前述の通り、大麻を生で食べると「THCA」が摂取できます。「THCA」は別名「テトラヒドロカンナビノリック酸」と呼ばれ、健康的な成分として海外で注目されています。海外ではスムージーやジュースにして摂取するのが一種のブームになっているほどです。

大麻を生で食べると、主に下記のような効果が得られます。

  • 抗がん効果
  • ストレスや怪我、病気に対する効果
  • 吐き気・嘔吐などを抑える効果
  • 鎮痛効果

生の大麻を食べることは害になるのではなく、むしろ健康的な効果が得られるのです。海外では医学的根拠に基づいて生の大麻を患者の食事に組み込むなどの施策も見られます。

生で食べる以外の大麻の摂取方法

もちろん大麻には生で食べる以外にも体に取り入れる方法がいくつかあります。この記事では以下の4つの摂取方法を紹介します。

  • 「脱炭酸処理」をして食べる
  • 吸引して摂取する
  • 経口で摂取する
  • 肌につけて取り入れる

それぞれ得られる効果や注意点などが異なるので詳しく見ていきましょう。

「脱炭酸処理」をして食べる

先ほど説明した「THCA」を「THC」に変換させるために熱するという工程があります。この加熱する工程を「脱炭酸処理」と呼びます。

脱炭酸した大麻に含まれている成分は「THC」に変化するため、摂取すると精神活性の効果を得ることが可能です。主に乾燥した大麻草を葉巻のようにして、それに火をつけて体に取り込むのが一般的です。

吸引して摂取する

大麻は食べる以外にも吸引して吸う摂取方法があります。大麻に火をつけて吸うと発生する煙が苦手だという人が、吸引して摂取します。ベポライジングと呼ばれる蒸気を発生させて吸引する方法がポピュラーです。

元々は患者の鎮痛や吐き気を抑えるために使用されていましたが、手軽に吸えることや有害な煙が発生しないという点で一般的に普及しました。しかし、器具の管理や手入れが必要になる分、他の摂取方法より手間がかかると言えるでしょう。

経口で摂取する

経口で摂取するやり方は主に医療機関で使用されます。大麻の成分を取り入れたカプセルを飲むだけなので手軽に摂取することが可能です。

手軽に誰にも気づかれずに摂取できるのはメリットですが、効きが強いので注意が必要です。

肌につけて取り入れる

肌につけて効果を得られるローションや塗り薬なども出回っています。肌に大麻成分を塗りつけても「ハイ」になることはありませんが、鎮痛効果や疲労回復などの効果を得ることが可能です。

運動した後や疲れている時などにはぴったりですが、興奮材料として使用したい時などは向いていません。

まとめ:生で大麻を食べても「ハイ」にはならない

大麻を生で食べることで得られる効果や大麻の様々な摂取方法について説明しました。大麻は健康的に良い側面も多く、医学的な場面でも多く使用されていることがお分かり頂けたのではないでしょうか。

また、摂取の仕方によって得られる効果や成分も異なるのも大麻の特徴です。「ハイ」になるために取り入れるという印象が強いですが、実際にはリラックスや痛みを抑えるなどの効き目があります。大麻についての理解が深まっていけば少しずつ、医療の面でも活躍する場面が増えてくるかもしれません。

日本国内ではどうしても悪い印象が強い大麻ですが、実際には健康的で様々なメリットがある植物であることがわかります。もちろん日本では大麻取締法によって禁止されているので、大麻を吸ってはいけませんが、大麻について正しい知識を得ることは違法にはならないので、大麻について理解を深めていきましょう。

※当メディアで大麻関連の情報を発信しておりますが、大麻の所持・使用を推奨するものではありません。日本では大麻の所持や栽培は法律により固く禁じられています。絶対に大麻を使用しないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です