カテゴリー
未分類

オランダで大麻は合法!?オランダが大麻に寛容な理由や大麻に関する法律について解説

 

日本では、大麻の輸入や所持は法律により禁止されています。しかし、世界には大麻が違法ではない国も存在しています。オランダでは、大麻の一般人による利用、栽培が非合法でありながら認められていることはご存じでしょうか。

 

この記事では、オランダでは国内法で禁止されている大麻が利用できる理由や、日本人がオランダ国内で大麻を吸うと違法なのかについて徹底解説します。この記事を読むことで、オランダで大麻が利用できる理由や大麻に関する法律について理解できるので、ぜひ最後までお読みください。

 

オランダでの大麻利用の現状を解説!

オランダでの大麻利用の現状を解説!

オランダでは現在、満18歳以上の男女は大麻の利用や栽培が事実上認められていますしかし国内法上、厳密には合法化された訳ではありません。

 

他の問題の引き金となるなどして、二次災害が起きない場合という条件の下、一般人が大麻を所持、利用する行為が「非犯罪化」となりました。未だに、販売目的での栽培は禁止されています。

 

オランダのコーヒーショップでは大麻が買える!?

オランダのコーヒーショップでは大麻が買える!?

市内に200店以上のコーヒーショップが存在しており、条件を満たせば誰でも大麻を購入できるのです。コーヒーショップは、一人に対して1日大麻を5グラムまで販売することがを許容されています。

 

オランダで大麻は「合法」ではなく「非犯罪化」

オランダで大麻は「合法」ではなく「非犯罪化」

オランダで大麻を利用することは完全に合法という訳ではありません。ですが、合法化と非犯罪化の違いはとても曖昧です。合法化は完全に容認されている状態ですが、非犯罪化は犯罪ではあるが、実際に逮捕はされないという状態です。

 

現在、オランダの国内法においては大麻の利用や所持は公式には非合法となっています。しかし、国内の法律においては二次的な問題が起きないという条件付きで、大麻の利用が事実上容認されています。

 

他にも、「利用できるのは満18歳以上」「所持が許されるのは一人5gまで」といったような制約があり、一般人の大麻の栽培・所持・利用などについては厳しい条件があるのです。

 

つまり、オランダでは大麻の販売や所持などは犯罪ですが、罪には問わないという寛容な政策を取っているのです。

 

オランダの大麻に関する法律について解説

非犯罪化というのは、完全に合法な状態とは少し異なる状態ですコーヒーショップが政府から大麻の販売が認められるためにはいくつかの条件があります。

 

販売においては、まず自治体が自治体内でコーヒーショップの運営を認めるかどうかを決定します。そして、容認する場合には自治体内の店舗数も決定し、管理しているのです。また、他にも各自治体で独自にルールを追加して定めることもできるようです。

 

実は全てのドラッグが非合法

先ほどから記載しているように、あくまでもオランダでは大麻を合法化している訳ではありません。オランダ政府の公式サイトには、あくまで非合法であると明記されています。

 

オランダでは大麻が合法という印象が強いのは、オランダ政府の寛容な大麻政策に起因しています。国民がより危険な薬物に接触するのを避けるため、大麻については利用や所持、栽培を非犯罪化し逮捕しない政策を取っているのです。

 

 一定条件下で黙認

オランダの大麻に関する法律について解説

オランダでは、厳しい条件を満たしたコーヒーショップだけが、大麻の売買を認められ販売しています。また、個人にもその所持量などは厳しく規定されています。オランダ国内で大麻の取り扱いをする際の条件は以下の通りです。

 

 

  • 18歳以上の成人のみ
  • 栽培できるのはひと家庭5株まで
  • 所持できるのは一人5gまで

 

 

あくまで非犯罪化であるため、その扱いには厳しい条件がついているようです。しかしながら基準値以下での利用を認める寛容な政策によって、大麻が非合法となっている他の国よりも大麻利用者や薬物依存症の割合は低く推移しています。国民の大麻の利用率は8%程度にとどまっており、政府の政策は国民から一定の理解を得られています。

 

オランダが大麻に寛容な理由を解説

オランダが大麻に寛容な理由を解説

第二次世界大戦後、非合法とされていた大麻をオランダ政府は非犯罪化という形で容認しました。理由としては、1970年代頃若者たちの中で流行ったコカインなどの薬物への流行を沈静化するためでした。

 

大麻に関して寛容な政策が取られているのは、大麻の利用を容認する代わりに、コカインなど更に危険性の高い薬物の流通に歯止めをかける狙いがあるのです。

 

大麻を吸いたい人はコーヒーショップに行って購入できるので、プッシャーと呼ばれる薬物の密売人から購入する必要がなくなります。密売人を通して、利用者が大麻よりも危険な薬物に接触するのを避けているのです。

 

オランダと日本の大麻規制の比較

オランダと日本の大麻規制の比較

厳しい条件の下とは言え、一般人の所持や利用が認められているオランダに対し、日本では大麻の取り扱いをどう規制しているのでしょうか。日本では、大麻取締法により医療用、嗜好用問わず大麻の「所持」を禁じています。

 

大麻取締法のなかで、大麻を「使用」することへの規制はされていないものの、大麻の「使用」には必ず「所持」が伴います。日本で大麻を「使用」することは、事実上の違法行為にあたると言えるでしょう。

 

では、日本人がオランダで大麻を使用した場合はどうなるのでしょうか。「大麻取締法」では、大麻を所持した場合に“刑法第二条の例に従う”としています。刑法第二条は、日本人が日本国外で行ったことは、日本の刑法で裁くというもの。海外であっても、日本人が大麻を「所持」することは違法です。

 

日本人が海外で大麻を吸うと違法な理由については、下記の記事でさらに詳しく解説していますので、興味のある人はぜひご覧下さい。

>>内部リンク(日本人 大麻 海外)

 

まとめ:オランダは大麻に対して寛容政策を取っている国

まとめ:オランダは大麻に対して寛容政策を取っている国

オランダでは、取引量や年齢、許認可など様々な条件を満たすことで、大麻を所持し利用することが認められています

 

オランダ政府は、大麻よりもさらに危険な薬物が流通するのを避けるため、あえて大麻の利用や所持を非犯罪化するという寛容な政策をとっているのです。

 

今、世界中で大麻の合法化が進められていますが、大麻を合法化する背景はそれぞれの国や地域によって違います。下記の記事では、海外の国や地域において大麻合法化に至った背景や大麻合法化に向けた動きについて詳しく解説しています。興味のある人は、ぜひご覧下さい。

>>内部リンク(大麻 合法化 国)

 

※当メディアで大麻関連の情報を発信しておりますが、大麻の所持・利用を推奨するものではありません。日本では大麻の所持や栽培は法律により固く禁じられています。絶対に大麻を利用しないでください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です